Alexas_Fotos / Pixabay

未分類

コーヒーがニキビの原因になるのは本当?正しい飲み方をご紹介

ニキビが出来てしまう原因の1つには日頃からコーヒーを飲む人に多いようで、カフェインは体を冷やす要因になるからニキビも増えると言われているそう。
コーヒーを飲む時って誰でも砂糖やミルクを入れるものだから、その理由もあってニキビが増えやすくなるって言われているんだって!
そしてどのカフェインにも利尿作用が働くから、例えば紅茶や緑茶を飲んだ後って頻繁にトイレに行く数が増えたりするよね?

コーヒーとニキビの関係

それって利尿作用の影響なんだけどカフェインが体を冷やすから血液の循環も悪くなってしまうんだって。
カフェインとはよく眠気覚ましのために飲まれるけど、近年健康面にもとても良い影響があると発表されて、糖尿病やがんにも良い影響があるって言われているんだって。
しかしニキビに対しては昔と変わらずマイナス効果をもたらすからコーヒー好きな人には残念な話だよね。
でも実際にコーヒーとニキビの関係にはカフェイン要素ではなく同時に摂取する糖分や脂肪分が影響されているのでは?という話もあるようなの。
だからもし気になる人は糖分やミルクを入れないでコーヒーを飲むと少しはニキビ予防に繋がるかもね。
そしてコーヒーを飲む時にも理想の飲み方があって、朝食後に1杯、昼食後に1杯、3時の休憩時間に1杯が理想なんだって。

ニキビもできやすくなるから気を付けて

逆にNGな飲み方は、空腹時や夕方、夜に飲むことは健康面でも不眠面でも良くないとされているみたい。
このようにコーヒーの飲み方を守ることでお肌への悪影響も予防できるしコーヒーを味わって飲めるよね。
だけどいくら体に良い珈琲でもやはり飲み過ぎはよくないから1日3回くらいが良いみたいだね。
あまり飲みすぎてしまうと体を冷やしてしまうから、お肌にも良くないみたいだよ。
また人によって違うと思うけど、カフェインに弱い体質の人は昼間に飲んだコーヒーが体に残っていることで夜も眠れないという現象が起こることがあるみたいなの。
そうすると夜眠れなくなって不眠症になってしまうとお肌が弱くなりニキビもできやすくなるから気を付けて飲むようにしてね!

Alexas_Fotos / Pixabay

-未分類